記事リスト

指紋で判別する方法

女性

近視でもなる可能性はある

近くの物が見えにくくなることが老眼といわれ、40歳を超えたら危険信号に入る為、早目のチェックが必要です。セルフチェックの方法は複数ありますが、自分の指の指紋がくっきり見える距離を計測し、その長さで老眼を確認するのがもっとも簡単です。この方法は近点と呼ばれる、一番近い目のピントが合う部分を探す方法で、30cm以上離れる場合には、眼科の受診をお勧めします。年齢によって近点は異なりますが、30cm以上離れている場合、弱い老眼の可能性が高い為眼科でチェックしてください。専門医にみてもらうことで老眼かどうかはっきりする為、心理的な不安がなくなり、安心して日常生活を送れるでしょう。近点が離れていない場合でも、夕方になると昼間より視力が低下していると感じる人や、長時間目を使うと吐き気を催する人も注意が必要です。セルフチェックで結果が悪くなかったからと安心してしまわず、少しでも危険な症状が出たら、眼科医を受診しましょう。全てが老眼につながるわけではありませんが、眼科医を受診することで別の病気の発症が判明する場合もあるからです。なお、近視で眼鏡をかけている人であっても、加齢による老眼になることはありうるため、注意が必要といえます。眼鏡を外していれば以前は見えた物が、見えにくくなっている場合には、近視でも老眼となっている可能性がある為、眼科で相談してください。目の病気は知らず知らずに進行している場合が多く、早め早めの受診によってトラブルや危険からの回避が可能となる為、定期的に受診をすると安全です。

Copyright© 2018 中高年からは定期的な老眼チェックが好ましい【チェックは無料】 All Rights Reserved.