記事リスト

検診で確認しよう

本を読む人

眼鏡を作り直そう

老眼は調節力の低下による老化現象です。眼の筋肉は腕や足のように鍛えれば筋力がつく訳ではありません。パソコンやスマートフォンを長時間見ていたり、薄暗い部屋で生活をしていると眼に負担がかかります。平均的には40代後半から老眼は発症しますが、仕事で酷使したり、生活環境が良くないと30代後半から症状が現れてくる人もいます。老眼が始まったかどうか定期的にチェックして、眼の健康状態を確認しましょう。一番正確に老眼をチェックするためには、眼科医の診断が必要です。眼科では始めに遠用部の見え方を調べていきます。その人にとって一番見える完全矯正値の状態から細かな文字を見たときのさまざまな症状をチェックしていきます。眼前から50センチの距離になると見えるが、30センチの距離ではピントが合わなくなったり、眼精疲労を感じる場合には完全矯正値にプラスの数値を足していき、見たい近用距離に合わせて老眼の度数を設定していきます。普段は裸眼で過ごしている人は老眼鏡を作成し、近くを見るときだけ使用しましょう。いつも眼鏡を掛けている人が老眼鏡を作成すると遠くが見えなくなるので、遠近両用を作成して遠くも近くも見えるように眼鏡を作り直しましょう。老眼が発症してきたら無理をせず眼鏡に助けてもらうことが今後の老眼の進行を遅らせることことに繋がります。眼精疲労を軽減して無理のない見え方を実現させるためにも定期的な眼科医のチェックを受けましょう。

Copyright© 2018 中高年からは定期的な老眼チェックが好ましい【チェックは無料】 All Rights Reserved.